企業の現状と経営課題の明確化

  1. 財務の状況(信用格付け・債務者区分)
  2. 売上等の動向
  3. 経営者としての現状と課題(株式の保有状況、自社株の評価、相続税の評価等)
  4. 人材育成の状況(「目標管理体制」の活用)

 年間計画の策定とその結果が得られる情報

  1. SWOT分析
  2. 年間損益計画の策定
  3. 予実管理の実行
  4. 計画策定の結果得られる補助金・助成金の受給可能性の呈示
  5. 計画策定の結果得られる「ノンネームによるM&Aのマッティングリスト」(所長のみ表示)

 経営課題に応じた各種計画書の策定支援

以下の各種の経営計画のフォーマットと記入例の呈示

  1. 創業計画
  2. 經營改善計画
  3. 経営力向上計画
  4. 経営革新計画
  5. 販路開拓計画
  6. 事業承継計画(親族内)
  7. 事業承継計画(幹部社員等)
  8. 事業承継計画(M&A)
  9. 事業継続計画(BCP)

 経営支援に必要なノウハウの提供

ソフトから提供される以下のノウハウのスタッフ研修・事務所主催のセミナーへの活用

■創業計画(5項目) ■経営支援の基礎理論(9項目)
■事業承継(総論・資産税)(10項目) ■各種の経営計画の内容(10項目)
■事業承継(民法等の活用)(5項目) ■生命保険の活用(4項目)
■事業承継(M&A)(3項目) ■信託の活用(4項目)