経営メダリストを利用することのメリット

経営支援に必要なノウハウ提供

経営支援に関する26項目のノウハウが組み込まれていますので、これらを活用することで的確な支援が可能です。

経営支援により得られるフィー

経常的な収入

  • P-D-C-Aのサイクルを廻しながらの、「人材育成」、「業務プロセス」、「売上増大」、「財務」に関する支援

臨時的な収入

  • 経営計画策定の支援
  • 補助金・助成金獲得の支援支援
  • 事業承継・相続税対策
  • M&Aの成約に向けての支援

各種の提携先

経営課題を洗い出し、経営計画をシステムが算出するまでの流れは、健康ドックのようなものです。

会計事務所様がクライアントとの対話を通じて、いわば「経営ドック」を行います。

 

 

状況に応じて金融機関に融資を依頼したり、事業承継の相談があれは゛、M&Aの専門会社と連携を取ったり、規模感が大きすぎる場合は、経営コンサルタントに相談したり、等多方面の専門家と有機的に関わりを持てます。

例えば、ソフト上で税理士事務所長のみに公開される、後継者不在等のデータを活用しながら、M&Aの専門会社と連携する形で す。こういった一連の経営支援を通じ、経常的な利益のみならず、多方面からのフィーも期待できます。

あらゆる専門家と連携したクライアントへの経営支援を通じ、あらゆる方面で絆を深めることが可能です。

経営メダリストの機能

企業の現状と経営課題が明確化されます。

経済産業省が企業の診断ツールとして公表したローカルベンチマークに準じて下記現状が明らかになります。

  1. 企業の財務
  2. 経営者
  3. 事業
  4. 外部環境
  5. 内部管理体制

経営課題に応じた相応しいタイプの経営計画が選定できます。

  • 創業計画
  • 經營改善計画
  • 経営力向上計画
  • 経営革新計画
  • 販路開拓經營計画
  • 事業承継計画(親族内)
  • 事業承継計画(MBO)
  • 事業承継計画(M&A)
  • 事業継続計画(BCP)

各種情報の提供

  • 信用格付・債務者区分の呈示
  • 自社株式の評価額・相続税等の試算額の呈示
  • 受給可能性の高い補助金・助成金の呈示
  • 人材育成の「目標管理制度」に関する情報の提供
  • M&A(売り・買い)に関する「マッチングリスト」

経営メダリスト活用の3つのステップ