企業が生産性を高める取り組みを行う場合、投資が必要となります。
そして、投資活動を支援するための公的背作の代表が補助金の制度です。

経営メダリストでは、財政計画で取得目的を選択しながら期中の取得計画を作成します。

財政計画を立てると、取得目的をもとに受給可能性の高い補助金に◯印が付与されます。
受給の要件や支援の内容は毎年改正がありますので、システムも改正後にバージョンアップが行われます。

特許を取得

経営支援のロジックは、令和2年8月に特許を取得しました。

経営支援プログラムおよび支援方法[特許取得]

経営メダリストについて

PAGE TOP