経営支援業務として忘れてならないものに処遇の改善があります。

経営計画策定の経営方針の決定したセグメント重要度に応じて、年度内の要員計画人材育成計画、そして11項目用意された処遇の改善計画の中から実施する内容を決定します。

処遇の改善計画を立てると、判定をもとに受給可能性の高い助成金に◯印が付与されます。
受給の要件や支援の内容は毎年改正がありますので、システムも改正後にバージョンアップが行われます。

特許を取得

経営支援のロジックは、令和2年8月に特許を取得しました。

経営支援プログラムおよび支援方法[特許取得]

経営メダリストについて

PAGE TOP