各項目毎に処遇の改善計画の有無を設定します。

入力項目

実施の是非

システムで用意された処遇改善の内容に対し実施の是非をYes、No、または無回答のいずれかを設定します。

実施の是非を設定することで助成金の受給可能性を調べる事ができます。

実施条件が助成金の受給要件を満たす場合は、Excel出力で作成される「処遇の改善等と助成金受給の可能性:助成金の概要」の該当補助金に◯印を付するかたちで提示されます。

助成金の受給可能性は毎年改変されるため算定方法も変わります。
そのため前年では受給可能性があっても、今年は可能性が無くなるケースがあります。