現状の理解(財務)の運用手順は以下の通りです。

事前入力

システムを運用する場合は、全体像:企業概要は共通して利用しますので企業名など基本情報を設定しておく必要があります。

「経営ドック」による現状の理解のExcel出力

「経営ドック」による現状の理解Excel出力で資料をダウンロードします。

関連する資料

企業概要/分析対象会社の入力データ/経営のスリム度の検証/診断用決算書の変化/経営の項目別分析/金融機関は我が社をこう見ている「信用格付」/債務者区分及び倒産危険度/キャッシュ・フロー

STEP
2