経営メダリストは大きく分けて7つの運用を想定しています。

対象となる顧客の要望により必要な運用方法を絞込んで利用することをお勧めします。

必須入力

システムを運用する場合は、全体像:企業概要は共通して利用しますので企業名など基本情報を設定しておく必要があります。

財務内容(財務):資産のように複数の運用で利用するデータは一方で入力していれば2重に入力する必要はありません。

運用内容

2-1.現状の理解(財務)

分析対象会社の入力データ/経営のスリム度の検証/診断用決算書の変化/経営の項目別分析/信用格付/債務者区分及び倒産危険度/キャッシュ・フローなどを作成する事ができます。

続きを読む

2-2.現状の理解(その他)

自社株の相続税法上の評価額/相続税の算定/都道府県別・業種別月額給与/借入金と担保・保証と経営者保証ガイドライン/バリューチェーンなどを作成することができます。

続きを読む

2-3.人材育成関連

人材育成に関する目標管理制度/人材育成(評価一覧表)/スキルと組織力の期末の合計値および向上度合いに関するトップ3と、人材確保に関する人材確保・育成、処遇の改善計画/処遇の改善等と助成金受給の可能性:助成金の概要を作成する事ができます。

続きを読む

2-4.業務プロセス改善関連

業務プロセス改善に関するバリューチェーン、財政計画/処遇の改善等と助成金受給の可能性を作成できます。

続きを読む

2-5.事業承継・M&A

事業承継に関する経営者の予期せぬリタイアメントへの対応と、M&Aに関する会計事務所からのM&A等に関する情報の提供/ノンネームのマッチングリストを作成できます。

続きを読む

2-6.PDCAの仕組作りと活用

PDCAの仕組作りと活用に関するSWOT分析と経営方針の決定/必要利益額/必要利益額/全社月別損益/売上増強計画/セグメント別月別売上/財政計画/投資計画と補助金受給可能性/全社損益の月別予実対比表/セグメント別売上高の月別予実対比表/セグメント別付加価値の月別予実対比表/四半期定例会議を作成できます。

続きを読む

2-7.現状の理解(財務)

所内または企業への提案(ご指導)を目的とした資料を出力します。

続きを読む

運用マトリクス

各運用に該当する入出力画面とのマトリクスは以下でダウンロードできます。